まったりのんびりほっこり

ゲームや読書などを中心に、日々感じたことを書いてます。

『アンジェリーク ルミナライズ』ノア攻略感想

※ネタバレ要素がありますので、読まれる際はくれぐれもご注意ください。

ノア(七海ひろき)

f:id:ryunosukemike:20210530092428j:plain


闇の守護聖。 

どことなくミステリアスな雰囲気で、とても物静か。

人とあまり関わることが好きではないよう。

16歳で守護聖になったせいか、22歳という年齢の割に幼く見える容姿。

また、掃除好きや胃痛持ちなどの意外な一面もあります。

 

育成のお願いをしにノアの元を訪れたアンジュ。

ノアの部屋で急に眠たくなって寝てしまったところ、いきなり「君と話したくない、帰って」なんて言われて、釈然としませんでした。

又、別の日におとずれると、気配がしない(笑)。

ですがそれはノアの意思でもあるようで、自分の気配に気付いて欲しくないと言われます。

おまけに、仕方なくじっとしているとか、触れられるのを極端に嫌がるとか、自分に関わらないほうがいいとか、とにかく「?」の連続。

なにやら秘密を抱えているようですし、ますます不思議で興味が湧いてきました。

 

そんなノアですが、親密度があがると、会いにいくと嬉しいと迎えてくれるようになりますが、たまに突然アンジュを拒むことがあるんですよね。

嬉しいと言ってくれたのに拒絶されたら、そりゃ気になるというもの。

そこで、アンジュはノアに理由を聞いてみることにします。

すると、自分に関わろうとすることに対して、しつこいと嫌がるノア。

一体何が彼をここまで頑なに孤立させるのか、ますます知りたくなりました。

 

そこで何度も何度も諦めずに質問して食い下がると、根負けしたのか、ようやく昔の話をしてくれます。

いや、本当にしつこく攻めたアンジュというか私(笑)。

 

でもノアの語った話は、想像していたよりも壮絶な過去でした。。。

悪魔の子。

それが彼が故郷で呼ばれていた呼称。

どうやら闇のサクリアが強すぎたのが原因のようですが、当時はそんな事はもちろんわかるはずもなく。。

そうして程なく守護聖として選ばれたとか。

 

それにしても背負っていたもののあまりの過酷さに驚くばかり・・・。

そんな過去があったのなら、今までの言動にも納得できますね。。

気楽にしつこく聞き出してごめんよ、ノア。

でも治す方法もわからないなんて、ノアが気の毒すぎ。。

ただ、他の守護聖には影響はないようで、よく絡んでくるユエは、寝てほしいと思うくらいなのに寝ないと話すのには、少し笑ってしまいました。

 

その後、ノアの夢を見たアンジュは、眠れなくて散歩にでます。

そこには胃が痛くて寝付けなかったノアが。

自分も辛いのに、彼の影響がアンジュに及んでいないか心配してくれるなんて優しいなぁ。

またノアは、ずっと自分を気持ち悪いと思っていて、消えてしまいたいと悲痛な胸の内を語ってくれます。

 

そんなノアの気持ちを察すると、下手なことは言えないなと思って、青い鳥の話を選択。

するとアンジュの優しさが伝わったのか、笑ってくれます。

こんなノアを見ていると、切なくて健気で何とかしてやりたくなりますね。。

 

そんな出来事のあと、ノアの執務室を訪れたアンジュ。

すると、ノアが突然「試験が失敗すれば良かったと思っていた」なんて事を謝ってきます。

それは一刻も早く守護聖を辞めたかったから。

それほど苦しんでいたんですね。。

でも夜中アンジュと話したことがきっかけで、守護聖になって良かったと。

自分には他の守護聖たち仲間がいる。

青い鳥は自分のところにもいたんだと言ってくれます。

ノアの気持ちがわかるだけに、彼が前向きになってくれて本当に嬉しかった。

 

また湖でノアと出会った際、ノアのサクリアの影響か急に眠ってしまったアンジュ。

そしてノアの過去の記憶を夢に見ます。

かなり悲惨な過去で、思わずノアに同情。。

悪魔の子と蔑まれ、隔離され、疎まれ、そんな日々を生きてきたノア。。

どれだけ自分の人生に絶望してきたんだろうと想像を巡らせると、悲しくなりました。

 

アンジュが目覚めると、そこには急に眠ってしまった彼女を必死で心配したノアの姿が。

彼の過去を知ってしまった今では、彼が何を恐れていたのかわかるだけに、その姿に胸が締め付けられるようでした。。

 

ですが、アンジュは笑いながら、闇のサクリアは必要だと、守護聖として頑張ってとノアを励ますんです。

そんな事を笑顔で言われたら、そりゃ好きになっちゃうよね(笑)。

守護聖として、本当はその気持ちはダメだけどと言いうノアが可愛かった。

 

と、本当はアンジュから告白するエンディングを見るつもりだったのですが、その前にここまで立て続けに恋愛イベントが起きてしまい、セーブデータから何度かやり直したものの成功せず・・・。

恋愛段階7の直後に告白しても、普通のデートになるか振られるか。

一晩過ごすと恋愛段階8が起こるし。

なかなか微調整が難しかったです。。

 

結局告白は諦めて、湖に呼び出して告白してもらうことに。

人生の終わりを願っていたノアは、アンジュのおかげで自分の人生に期待を持てるように!

そして告白を受け入れると、手を握るだけじゃ嫌になったと彼からキス。

随分積極的になったなと思いつつ、それでも彼のこれからの人生が幸せしか見えなかったので、本当に嬉しかったですね。

 

そうして今回は早々と秘密のお付き合いヘ突入。

 

ノアと帰省すると、彼の服装が現代風の若者に変わって、これはこれでとても新鮮でした。

あの重々しい格好のせいで幼く見えてたのかも?

それにバーではお酒も付き合ってくれて、大人な一面も見せてくれます。

正直に言って、私はこちらの姿のノアの方が好きかな。

 

又、せっかく恋人同士になって視察に行ったのに、ランドマーク建設が遅かったのかイベント番号が7からという。。。

ギリギリでイベントCGは見られたからホッとしましたけど。。

 

視察中では、誰にも邪魔されない静かな場所で過ごしたいなど、今までのノアでは考えられない甘いセリフを囁いてくれますし、色々なアトラクションも一緒に楽しんでくれます。

普段のデートでも、そばに寄ってもいい?とか手を繋ぎたいなんて、とても奥ゆかしい。

闇よりも暗いものを背負っていたあのノアが、アンジュのおかげで生き生きとしている姿がとても愛おしくなりました。

 

 

最良エンディングでは、お約束のサイラスに恋人とバラされるイベント。

初めて出会った頃のノアとは違い、アンジュを愛していると皆の前で力強く宣言してくれたのが頼もしく、男らしくなったなと感慨深かったです。

そして、いつもながらサイラスの後押しには、普段がああなだけに本当に感動しますね。

 

エピローグでは、仕事が終わったあとの二人の幸せそうな姿が。

昔の自分に、明るい未来の存在を教えてあげたいというノア。

自分の人生を終わらせることばかり考えていたノアが、生きる意味を教えてくれたアンジュのためにこれからも生きると伝えた時には、彼の人生が報われて本当に良かったなと思いました。

 

 

関連記事

www.mattari-nonbiri.com

www.mattari-nonbiri.com

www.mattari-nonbiri.com

www.mattari-nonbiri.com

www.mattari-nonbiri.com

www.mattari-nonbiri.com

www.mattari-nonbiri.com

www.mattari-nonbiri.com

www.mattari-nonbiri.com

www.mattari-nonbiri.com

 

 ©コーエーテクモゲームスAll rights reserved.