まったりのんびりほっこり

ゲームや読書などを中心に、日々感じたことを書いてます。

『遙かなる時空の中で7 』クリア後感想 ~阿国・長政・五月~

戦国時代が舞台の『遙かなる時空に中で7 』。

攻略順に感想を書いております。

今回は、阿国→長政→五月の順で進めました。 

※ネタバレがありますので、お読みになる際にはくれぐれもご注意ください。。

www.mattari-nonbiri.com

 阿国

舞の名手で美人で姉御肌。

普通に考えたら、友達として最高ですよね。私はなりたいです(笑)。

ただ友達としては最高なんですけど、昼と夜で性格のギャップがあり過ぎ。。

夜というか本来の阿国もイケメンでステキなのですが、昼の印象が強すぎてどうしても違和感が。。

阿国さんはやっぱり昼間のままが一番しっくりきますね。 

 

序盤から正体についてはわかっていたのものの、いつどうやって七緒にばれるんだろう?とワクワクしながら進めました。

 

細川ガラシャの一件から、流れは一気に加速していきます。

 

昼間の阿国からは想像もできない、長年抱え続けてきた悩みや苦悩が浮き彫りになり、とても切なくなりました。。

ずっと自分を責め続けていたのですね。。

 

ラスボスについては、この人を出してくるか!と驚きも。

平島さんのえげつなさに嫌悪感を抱きつつも、最期は信念を全うしたようで、そこは素直によかったのかなと思います。

 

阿国は七緒の優しさに救われたと言い、七緒も阿国の優しさを感じ、お互いがお互いを想いやる様子が丁寧で、心が癒されました。

阿国さんらしい明るくて平和なエンディングで、救われてよかったなと心から感じました。

 

黒田長政

ハ葉の中で一番戦国武将らしいのが長政ではないでしょうか。

あの時代特有の、当主としての心構え。

常に勇猛果敢にして時には苛烈。

自分に厳しいだけでなく、相手にも同等の価値観を求めます。

自分の立場を理解しているゆえに、恋愛よりも家を優先。

そのため神子と想いあっているにもかかわらず、先に進めないのがなんとももどかしかったです。。

 

そんな長政の頑なな態度を、七緒がゆっくりと着実に溶かしていく過程が、とても丁寧で感情移入がしやすかったです。

 

乗馬でのシーンや七緒を見送りに行くシーンは、普段は決して言葉にしない長政の七緒への思いが垣間見えて切なくなりました。

特に関ヶ原の戦い直前での別れにシーンは、長政の堪え切れない想いが伝わってきて、こちらまで辛くなりました。。

 

関ヶ原の戦いはもっと時間をかけるのかと思いきや、割とあっさり終わったのですが、七緒と一緒になるための手段には思わず拍手!

なるほど、さすが長政ですね。きちんと先を見据えて手を打っていたとは。

お守りの件もほっこりしてよかったですね。

 

ラスボスのカピタンは分かりやすい悪役だけど、兼続の時ほどの惨さはなかったのが救いでした。。。

いや、本当にもう兼続の時のカピタンがトラウマで。。

 

そうしてエンディングの長政と七緒のシーンですが、今までのじれったい二人の距離が縮まっていてとても和みました。

長政の優しく七緒を包み込む温かさが伝わって、こちらも癒されます。

無事に七つの童女から卒業できて良かった!

 

ただ、ラテにはちょっと苦笑。

長政はブラックの方が好みのような気がするのですが、、、まさかの泡ですか(笑)。

 

ところで長政のスチル「分かたれた運命」ですが、長政の左腕の二の腕部分に指と思われるものが。。

七緒の指?かとも思ったのですが、、どう見ても違いますよね・・・?謎です。。

 

天野五月

一番楽しみにしていた兄さん。

イベント数は八葉の中で一番少ないものの、ボリュームは相当ありました。

 

他のハ葉と違い、こちらは神子と三成の正体にかかわる謎ときがメイン。

神子については、ほかのルートでおおよそ予想はついているものの、こちらではっきりと表現されています。

 

いつも優しくて少し抜けてて頼りないけど、いざという時には頼もしい五月が、七緒のためとはいえ五月らしくない冷酷な態度を取り続けるのには胸が痛かったです。。

しかも理由は自分の胸に秘めているものだから、どうしても五月が仲間の中で浮いてしまっているのが辛かった。。

 

ですが五月のイベントは、七緒への想いが強く伝わってくるものばかり。

これでもかってくらい、五月はいつでも七緒を守るために思考し行動しています。

特に龍神になってしまった七緒を呼ぶシーンは、一瞬某アニメの「ラ〇シス、おいで」(←古すぎ)を思い起こしましたが、本当に感動しました。

(その後、大和と阿国の掛け合いには笑いました)。

 

ただ、兄妹から恋人へのシフトは、ちょっと物足りないかな?

五月は初めから血のつながりがないことを知っていたので、それほど違和感はないのかもしれませんが、七緒は?と気になったのは事実。

もう少し七緒側の気持ちを丁寧に描いてほしかったなと思いました。

 

三成の正体については、兼続のルートである程度予想が確信に変わっていたのでそれほど驚きはないものの、五月との出会いの場面はやっと来た!という感じで私の中では大いに盛り上がりました!

 

絶対兄と認めさせたい五月と、頑として譲らない三成。

三成としては、いざという時身内が受ける仕打ちを避けたかったからなのですが、それでももどかしかったですね。

 

七緒と三成の事情をうまい具合に活かしたエンディングは、本当に良かったなと思いました。

鱗をちゃっかり数枚ゲットしていた三成には、さすが!としか(笑)。

いつの日か、再会の期待が高まります。

 

エンディングのスチルは現代の私服の二人が新鮮で、爽やかでした。

現代に帰るエンディングはこのルートだけでしたから、なんだか貴重ですね。

 

ところで、花輪の中指とか人差し指とかのくだり、五月の「そういうことをどこで覚えたんだ」っていうセリフ。

そういうのに疎い私には意味がわかりませんでした。。

人差し指とか中指って何か意味があるのかな?調べたけどスピリチュアルなものしかでてこなかった。。

 

 

次はいよいよ天の青龍幸村です。

早く進めたい気持ちと、ラストなのでもったいない気持ちが行ったり来たりしております。。